コミック・バムセ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

四月は君の嘘/新川直司 6巻

音楽でキズついたのなら、音楽で救われるべきだ。


公生&かをりがガラコンに向かうまでの日常と、コンサートでのハプニング。

母の記憶が染み着いたクライスラーの「愛の悲しみ」。公生はもやを抱えながらもかをりの押しでこの曲の伴奏をすることになるけれど、結果母と向き合い、かをりのために、自分のために、何かが変わろうとしてる。


親への反抗は、自我の確立、自立への兆し。"ピアニスト"公生の、別れの演奏は母に届くのだろうか…。


演奏の表現力が半端ないのでぐいっと引き込まれる。日常パートはデフォルメ多様でかわいく穏やか。楽しい高校生達って感じ。このギャップというか緩急というか、リズムの作り方が上手いよなあ。


しかしかをり…無事か…?来るのか…?またぶっ倒れてたりとか…あり得そうだから怖い…。


そういえば講談社漫画賞受賞ということで。おめでとうございます。納得の受賞だと思います。7巻はいつだろなー。


四月は君の嘘(6) (四月は君の嘘 (6))
四月は君の嘘(6) (四月は君の嘘 (6))新川 直司

講談社 2013-05-17
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト
  1. 2013/06/23(日) 02:35:42|
  2. 少年マガジンコミックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<げんしけん二代目の伍/木尾士目 14巻 | ホーム | 亜人/桜井画門 2巻>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://urushi107.blog.fc2.com/tb.php/67-43f75f1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。